SITE NAVI

家電ショップで買えるプリンタの印字速度それぞれ

家電製品の価格と品質が知りたい
最近はプリンターもいろいろ増えてきましたし、家電ショップで簡単に手に入る時代です。カラープリンターといっても、インクジェット、レーザー、LEDプリンターと有り、その印字方式は様々です。また、同じインクジェットでも、シリアルプリンターと言われる、インクジェットヘッドが左右に動いて印字していくものと、ラインヘッドと呼ばれる印字ヘッドが紙幅あり、用紙を送るだけで紙全面に印字できるものがあります。ただし、業務用に近いですね。カラーレーザーとLEDプリンタはほぼ似たような感じですが、印字方式がタンデムと言われる用紙を一回送ると全色印字されいるものから、4サイクルと言われる、用紙に一色ずつ色を載せていく方式があります。これらの印字速度を比べると、ラインヘッドのインクジェットが最も早く、次にタンデムのレーザー、LEDプリンタとなり、次はインクジェットと4サイクルがその製品スペックによりどちらでもありうる、という感じになります。ラインプリンタはそれは化物並みのスピードで、一分間に100枚だって打つのが可能。かつて愛知県で万博が行われた際に東海企業が集まったブースにあったブラザー工業というところが、ラインプリンターを出していましたが、集合写真のA6サイズの用紙をあっというまに何十枚と印字していました。

画質は用紙を一度だけおくるので、ラインヘッドのノズル解像度によるってしまうので、シリアルの方が断然写真に近くはなってしまいますが。まぁ、仕方ないですね。このように、印字速度もピンからキリですが、ご家庭でどこまで使うか、というのに合わせたほうが、いいんでしょうね。